水野正敏講師の紹介PV
その他のユニット別はメニューVideoから見て下さい。

【747】

江川ほーじんと制作したCD「Twin」で

発表したこの曲は、

7/8と4/4が入り乱れた変拍子。

それをスラップとフレットレスのTwin Bassで

表現するというもの。

 

CDでは完全に二人だけで表現したのですが
今回はドラムとギターを適度に打ち込んでいます。

 

#江川ほーじん 復活あれ!!

 

00:00〜Slapping アングル
01:55〜Fretless アングル

【So What】

モードって

そのスケールの「音しか使えない」というより

そのスケールの「音だけでよい」と思ったら

自由になれる音楽だと思います。

イーブンビートにて
構成しています

【斬 -ZANN-】

2003年に発表したfragileの斬 -ZANN-です。

主軸は「13/8+15/8」ですが、Bassはだいたい16分音符を弾き続けるという過酷なBass Line

 

変拍子の難しさは大きなアクセントだけ弾くBass Lineだったりするので、逆に16分音符で埋めてしまえば楽になるだろう・・と、やぶ蛇になったという典型的な変拍子。

【Stella By Starlight】

初心者からプロまでが、よく好んで演奏する

Stella By Starlight

 

トーナリティーはそう変化していないのですが
コード・プログレッションが様々に変化していくので
演奏していて飽きない展開がありますね。

 

【Fairy Tale】

動画の冒頭にあるタイトルが「Fairly Tail」って
「まあまあな尻尾」ですか?
( ̄- ̄)ダハハッ!!

スペル間違ってましたが
差し替え大変なのでこのままですみません。

 

さて

右手が隠れてしまって、
前半はボディーに指紋がテカってますが・・

なにはともあれ
Ponta Boxのメジャーデビュー1曲目です。

このデータが叩き台になったわけです。

【Teen Town】​

Bass Solo第3弾
Teen Townをスタンダード曲に捉えてみると

こんな感じだと思われ

意外とHavonaとかTeen Townを

メモリー形式で演奏しないですね。
 

自宅録りシリーズ

【Bluesette】​

ベースソロ集第2弾

Toots Thielemans氏の名曲Bluesette


5小節目にサブドミいって
ワンコーラス12小節なのでブルース形式という遊び。

このコード進行はConfirmationが有名。

一度見失うともう戻れない┐( ̄。 ̄;)ソレネ

自宅録りシリーズ

【Nardis】​

スタンダード曲で

ベースソロを展開するシリーズです。

 

Live At Montreux/DVDでも演奏した

Nardis

 

​意外に難しい曲なんですね。​

【Loosebox】​

​Bass Soloから始めています。

【analogMETHOD】

水野正敏(El.b)

村上"ポンタ"秀一(Dr)

仙波清彦(Per)

古川初穂(Pf)

音川英二(T.Sax)

高橋香織(Violin)

[W-BOTTOM]
水野正敏(El.b)
中沢功一郎(El.b)牛山玲名(El.Violin)桝谷マリ(Dr)

…………………

​キングレコードよりリリースした【ザ・ダブラーズ登場!?】に収録している『Pleasure Trip』を再度レコーディングしたもの。

​高速テンポでのB7|E7の展開がスリリングです。

【No.9】
高橋香織(El.Violin)牛山玲名(El.Violin)天野恵(El.Violin)
青柳誠(Pf)水野正敏(El.b)仙波清彦(Per)
川口千里(Dr)

…………………

【180 deg leg】
高橋香織(El.Violin)牛山玲名(El.Violin)
北川翔也(Gt)水野正敏(El.b)梶原徹也(Dr)

…………………

【Whirligig】
中村明一(尺八)青柳誠(Pf)
水野正敏(El.b)桝谷マリ(Dr)

…………………

2019/05/06にリリースした10年に1枚リリースというMETHODの3rdです。

​生まれて初めての2枚組です。全15曲で5つあるPVの中の1つ。詳しくはMIZUNO METHODのページにて

Jacoと同じく書き譜でのソロ展開を生まれて初めてRec。
​それだけにベースに関しては、ほぼ100%の水野正敏です。

[fragile]
矢堀孝一(Gt)水野正敏(El.b)菅沼孝三(Dr)

……………

fragile初のライブDVDです。

場所はプログレのメッカ吉祥寺SilverElephant

以前にレコーディング・スタジオでのライブDVD「modest & proud」もありましたし、ライブCDも"雷舞"というのがありましたね。

​録り直しがきかない一発勝負Recです。

【GG-Bradz】

水野正敏(El.b)+駒沢さっき(El.b,Harm)

谷平こういち(Gt)+牛山玲名(el.Violin)+梶原徹也(Dr)
kate(Vo)yoco(Vo)

…………………

冒頭でルバートのBass Soloをしています。
私のルバートでのSoloは意外と珍しいです。

​そのままTwin Bass Soloへと続き、GG-Bradzの演奏となります。

[Ponta Box]

村上“ポンタ”秀一(Dr)・佐山雅弘(Pf)・水野正敏(El.b)

…………………

323というのは佐山雅弘の名曲


「3/4+2/4+3/4」という構成でなりたつ曲です。


勢いある演奏ですね、3人ともお見事です!!

【お】

佐山こうた(Pf)
水野正敏(El.b)
村上"ポンタ"秀一(Dr)

…………………

【Electric Bull】

高木沙耶(T.Sax)
本藤美咲(B.Sax)
松尾ひろよし(Gt)
水野正敏(El.b)
村上"ポンタ"秀一(Dr)

 

…………………

【3rd Station】

音川英二(T.Sax)
水野正敏(El.b)
仙波清彦(Per)
村上"ポンタ"秀一(Dr)

…………………

2019/05/06にリリースした10年に1枚リリースというMETHODの3rdです。

​生まれて初めての2枚組です。全15曲で5つあるPVの中の1つ。詳しくはMIZUNO METHODのページにて

Jacoと同じく書き譜でのソロ展開を生まれて初めてRec。
​それだけにベースに関しては、ほぼ100%の水野正敏です。

【Twin 】

水野正敏(El.b)江川ほーじん(El.b)

…………………

ベース2人だけで制作したTwinは問題作であり、冒頭を飾るこの747は変拍子だらけという。
 

​イントロからテーマ→アドリブ→テーマ→エンディングまでをベース2人だけで構築した世界初のCDです。

TVアニメFateの作曲家川崎龍(Pf)とのデュオです。

枯れ葉は定番で上記の枯れ葉と比べても面白いです。
​ウッド・ベースになるとアプローチもグルーヴも変わるのが面白いですね。

​申し込み文は適当で構いませんので気楽にメールをください。

[747]
水野正敏(El.b)H.J.Freaks(El.b)桝谷マリ(Dr)

…………………​

曲は江川ほーじんとのユニットTwin より「747」

変拍子がエグい曲です。

レッスンでも教えていますが、出来る弟子は数少ないです。

スラップでは試練的な曲です。

お申し込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ
 

【Bright Size Life】

弟子にはよく言ってる
tempo=160〜180のソロは難しいと。

8分音符ではフレーズ作るの難しいし、倍テンソロすると「どやどや速弾き」になって聞き苦しい・見苦しいとなるので難しいんですね。これはtempo=171です。

 

Pat MethenyとJaco Pastoriusの共演で有名ですが、考えたらほぼ半世紀前の音ですね。

メセニーは私と同い年ですから、私がプロになってすぐにこのCDですよ、またその後のLyle Maysとのメセニーサウンドが、私の作曲活動の発端になったことは事実です。

この曲の有名なアウフタクトユニゾンをあえてユニゾンせずにハモリで。

【Phantom Tone】

 

fragileはCD11枚とDVDを2枚リリースしましたが

その中の9thアルバムである「Phantom」から

1曲目Phantom Tone

CDでは2曲目のMelancholyOctopusと

メドレーになっているのですが、

ライブでもメドレー形式ではなく、1曲ずつの展開。

冒頭の印象的なDouble StopのリズムからBass Soloを展開しています。

 

コードはD/E

後半は
C∆|%|A/B|%|F/G|%|Ab∆+11|%|

 

Since 1996〜2017/01/26(Thu)〜MizunoMethod