Bass Solo

【O Grande Amor】

この曲を初めて聴いたのは高校時代、

Stan Getzのアルバム「SweetRain」を

聴いたのが切っ掛け。

あの頃は楽器をやっていなかったので、まさかこの年齢になってこれを弾くとは夢にも思わなかったですね。

半世紀間も愛聴している聴いている曲です。

 

※音が少し割れるところがありますが御容赦を!!
そのうち改善していくものと

【斬 -ZANN-】

過酷です、キツいです、吐きそうです(; ̄O ̄)

主軸は「13/8+15/8」ですが、
Bassはだいたい16分音符を弾き続けるという

過酷なBass Line

変拍子の難しさは

大きなアクセントだけ弾くBass Lineだったりするので、
逆に16分音符で埋めてしまえば楽になるだろう・・と、やぶ蛇になったという典型的な変拍子w

 

【Stella By Starlight】

初心者からプロまでが、よく好んで演奏する

Stella By Starlight

 

トーナリティーはそう変化していないのですが
コード・プログレッションが様々に変化していくので
演奏していて飽きない展開がありますね。

 

【Fairy Tale】

右手が隠れてしまっていますが・・
前半はボディーに指紋がテカってますが・・

なにはともあれ
Ponta Boxのメジャーデビュー1曲目です。

このデータが叩き台になったわけです。

【Teen Town】​

Bass Solo第3弾
Teen Townをスタンダード曲に捉えてみると

こんな感じだと思われ

意外とHavonaとかTeen Townを

メモリー形式で演奏しないですね。
 

【Bluesette】​

ベースソロ集第2弾

Toots Thielemans氏の名曲Bluesette


5小節目にサブドミいって
ワンコーラス12小節なのでブルース形式という遊び。

このコード進行はConfirmationが有名。

一度見失うともう戻れない┐( ̄。 ̄;)ソレネ

【Nardis】​

 

スタンダード曲で

ベースソロを展開するシリーズです。

 

Live At Montreux/DVDでも演奏した

Nardis

 

​意外に難しい曲なんですね。​

Since 1996〜2017/01/26(Thu)〜MizunoMethod